postheadericon シロアリの駆除

一匹

次にシロアリの駆除方法ですが、日用品売り場でシロアリ駆除のための薬品は多く売られています。
それらを購入し、土台や柱の部分にスプレーをしたり薬品を塗りつけておくのが良いです。
塗りつけるタイプが一番駆除に効果がありますが割高で5000円ほどします。
スプレータイプはそれに比べて効果が薄いですが1000円前後で安く買うことが出来ます。
家の被害状況によって、適切なほうを選択するのが良いです。
シロアリ被害少しでも疑いがあるのならすぐに日用品売り場にいって薬品を購入しておくのが良いです。

postheadericon 害虫駆除の方法

アリの大群

南京虫やシロアリは人間にとって大きな害となる害虫です。
これらの虫は放っておくと大変なことになるので必ず駆除する必要があります。

南京虫の駆除の方法は基本的に部屋を掃除して綺麗にすることが大切です。
最低でも1ヶ月に一回、できれば一週間に一回は部屋全体を掃除機でかける必要があります。
特にベッドや畳の隙間などの掃除しにくい部分に南京虫は繁殖するのでそこもしっかりやることが大切です。

一通り掃除を終えたら南京虫が生息しやすい隙間などにスプレーをかけておきます。
スプレーは水生のゴキブリ駆除剤などでも十分効果が期待できます。
スプレーを一回だけではなかなか全滅しないので、掃除をするたびに毎回欠かさずやる必要があります。
殺虫剤は一回スプレーするとおおよそ3日ほど効果が持続するので掃除をしてない日でも3日おきにスプレーをしておくのも良いです。

postheadericon 専門業者

日陰ができる

南京虫はシロアリを駆除する会社が駆除をしてくれます。
主にシロアリを駆除することをメインにしている会社が副業的に駆除しているものが、南京虫となっています。
シロアリは日本における家屋へのダメージを与える一番の敵であり、シロアリは珍しいものではありません。

南京虫はシロアリのように家屋を壊すということはありませんが、かゆみや発疹などがでることもあり、人体へ影響するという点では、シロアリよりも強力な害虫と言えます。
南京虫は駆除をするエキスパートの会社が幾つも存在しており、駆除に困ることはありません。
もしもそうした害虫が発生してしまった場合は、駆除をお願いできるような体制を整えています。
成虫になると7ミリにもなるほどの大きさを持つ完全な害虫ですし、人体への被害へも及ぼす危険な害虫ですので、見かけてしまった場合には颯爽とした排除が必要になってきます。

postheadericon 南京虫などの駆除

アリの様子

南京虫というものは、通称トコジラミと呼ばれており、床に寄生する虫です。
南京虫と呼ばれていたのは、江戸期において外国からやってきたものを今でいう黒船のような感覚で南京と呼んでいたため、海外から持ち込まれたトコジラミを南京虫と呼ぶようになったのです。
ただ、実際に中国で多い虫であるため、本物の南京から持ち込まれた可能性もゼロではありません。

江戸前にはなく、その最中に日本に持ち込まれて大流行し、今でもその面影はあります。
稀に発生しては甚大な被害を与えていくのです。

postheadericon 市販の殺虫剤では難しい

トゲ

南京虫やシロアリなどの害虫は、市販の殺虫剤ではなかなか対応できるものではありません。
害虫そのものだけでなく、卵や糞のことも考えねばなりません。
専門の駆除業者にお願いして駆除してもらうのがよいでしょう。
インターネットなどで専門の駆除業者が多数紹介されていますので、評判や料金など気になることをよく調べてみることをおすすめします。

カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930